新築分譲マンション センチュリー福生

人と建物を守る安心・安全な工夫。【構造編】

センチュリー福生
QUALITY GUIDE
クオリティガイド[快適性能編]
クオリティガイド[構造編]

永く住まうための品質と工夫
~快適性能編~

安全な建物を建設するために

隣接住戸との防音対策

隣戸間の壁のコンクリートは厚さ約180mm〜約250mm、床には遮音性に配慮された置き床+フローリングに、コンクリート床の厚さは約220mm以上(一部を除く)とすることで、生活音が伝わりにくい設計としています。

排水管の防音対策

居室に接する共用排水竪管(PS部分)には床の貫通部に従来の防火防音材(耐火二層管、遮音シート)を使用する他、振動絶縁材を使用しています。音の伝播を軽減し、排水による管振動を直接床コンクリートに伝えないことで、生活音の低減をはかっています。

メンテナンスやリフォームに配慮した二重構造の床・天井

将来的な間取りの変更やメンテナンスに対応した二重床・二重天井を採用しています。床下、天井に十分なスペースを確保し、配管・配線などのメンテナンスが容易に行なえるようにしています。そのため、小さなお子様や高齢の方が転倒する心配がある床段差も解消することができます。
また、二重天井や二重床の下地調整剤の下に防振ゴムやクッションゴム付き支持脚を採用し、空間を設けることにより上の階からの騒音や下の階への騒音も抑えることができ、より防音性に配慮した構造といえます。しかも、天井と床に空間ができることで空気の層ができ、室内の保温性も上がります。床下に給排水管を配したり、天井裏に電気配線を自由に組み替えたり設置ができるので将来的なリフォームにも対応しやすい工法といえます。

すべての窓に二重サッシを採用

すべての窓に二重サッシを採用

サッシには遮音性の高いT-4相当に該当する二重サッシを採用し、外からの音の進入を軽減しています。

静かな住環境づくりのポイントは、窓の遮音性を高めることにあります。多くの音が窓を通して出入りするため、外窓、空気層、内窓で音を遮ることで、音の気にならない快適な住環境を実現します。

静かな住環境づくりのポイントは、窓の遮音性を高めることにあります。多くの音が窓を通して出入りするため、外窓、空気層、内窓で音を遮ることで、音の気にならない快適な住環境を実現します。

躯体の断熱・結露対策 ※外部に面する部分

専有部において外気に面する壁に、吹付け硬質ウレタンフォーム40mmを確保、1階床下には厚さ60mmの押出法ポリスチレンフォーム保温板、屋根には50mmの硬質ウレタンフォームなどの断熱材を施し、室内に冷気・温熱が浸入するのを低減し、結露対策・省エネ対策を行っています。

コンクリートの耐久性能〜劣化対策(構造躯体等)最高等級3を取得

永住に耐える構造体の耐久性を高めた設計とし、建物そのものを構成する「コンクリート」の劣化対策を入念に計画。そのため、住宅性能表示の劣化対策等級における最高ランク「3」を取得しています。

 

水セメント比50%以下

コンクリートの耐久性を高めるために水セメント比を50%以下とし、コンクリートの乾燥収縮を低くおさえています。また、建設現場において納入されるコンクリートを採取しフレッシュコンクリート試験を実施し、品質管理を行っています。

安心な暮らしを提供するために

第三者機関のチェックによる安心をお届けするために

第三者機関のチェックによる安心をお届けするために

住宅性能表示制度とは国土交通大臣が指定した第三者機関が、住宅の設計段階と完成段階で共通の基準に基づいて客観的に評価を行い、「設計住宅性能評価書」と「建設住宅性能評価書」を交付し、住宅の性能を証明する制度です。

 

お問い合わせは
「センチュリー福生」マンションギャラリー

「センチュリー福生」へのお問い合わせ:0120-032-078

●営業時間:10:00~18:00 (定休日:水・木曜日※祝日除く)